プロフィール

....

Author:....
この娘(むすめ)、
凶暴につき取り扱い注意!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

FC2アフィリエイト


FC2アフィリエイト


FC2アフィリエイト


YAHOO!オークション


じゃらん


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:神奈川県/湯河原町
飯田商店/湯河原
白河風中華そば わんたん入り(900円)

住所:
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
TEL:0465-62-4147
営業時間:11:00~15:00(または材料終了まで)
定休日:月曜日
お店のHP:
http://r.iidashouten.com/

最寄駅:東海道線(湯河原駅)
駐車場:店舗横/前
座席:カウンターのみ(7席)

麺:自家製 中太 平打ち 縮れ
スープ:比内地鶏 じんわり 醤油スープ
オススメ度:★★★★★★★☆☆☆


DSC06078_convert_20120131212350.jpg

これ、食べちゃって良かったのかなぁww



雨降って、地固まる^^

いつものホームへ
醤油らぁ麺を食べに来たら、、、


DSC06073_convert_20120131212157.jpg
『らぁ麺屋 飯田商店』

勿論シャッター^^
しかしポールならず・・・

雨の中、まさか先客がいるとは、、、
参ったww


DSC06076_convert_20120131213844.jpg
恒例のらぁ麺屋さんのプランター、
今日も小さなお花が咲いてます^^

ちょっと寒そう(^_^A


DSC06074_convert_20120131212214.jpg
開店♪

あらっ
今日は限定があるんだ!
もしかして、追い・・・・


ああ、違うのねww


DSC06075_convert_20120131212230.jpg
あらら、これ、噂のアレじゃないッスカ(´Д`|||)

今日食べるべきか、
醤油らぁ麺を追求するべきか、
困ったなぁw




DSC06077_convert_20120131212322.jpg
やっと届いたんだヽ(´□` )ノ

TRY

入店すると右の壁に貼ってあります!
是非とも御来店されて確認下さい^^



いつでも作ってくれるそうだが、
折角なので満を持して........


DSC06079_convert_20120131212407.jpg
「白河風中華そば わんたん入り(900円)」

ナルト以外は無化調です^^
白河風、具たくさんです^^


DSC06080_convert_20120131212425.jpg
チャーシュー・メンマ・ホウレン草・ネギ・
ナルト・海苔、トッピングのわんたんが乗りまして^^

炭焼きチャーシュー美味しいのだ!
それが三枚も!!
贅沢だなぁ、、、具たくさんです^^


DSC06081_convert_20120131212441.jpg
ズズ........

おお、素朴だ。
鶏油が無いと、こーまでイメージが変わるんだ

これも良い感じで美味しいなぁ(*´ο`*)
確かに白河っぽいや


DSC06082_convert_20120131212457.jpg
麺は中太の平打ち。
茹でる直前に手揉みを入れて、
程好い縮れを!!

DSC06085_convert_20120131212537.jpg
プクッとモチモチな麺。
美味しい^^

縮れた食感が好きだな。


DSC06084_convert_20120131212516.jpg
コリッと軟骨の入った鶏わんたん、
美味しいよ^^
白河風を食べるならば
絶対にわんたん入りがオススメですネ!


DSC06086_convert_20120131212554.jpg
これ、食べちゃって良かったのだよww

想像以上に白河風だった
スゲー美味しかった!

気に入っちゃいましたよ、
ご馳走様です^^
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

tag : 飯田商店 限定 美味しい!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 小田原ラーメン 食べ尽くし!(ラーメンとかも) all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。